HOME > もだえ苦しむ新規開発ものづくり > 久しぶりに野田友佑

久しぶりに野田友佑

久しぶりに野田友佑の文庫本をひっぱり出して読んでいます。
主に移動中の電車で読むのですがそれなりに楽しい気分に浸っています。

懐かしい気分がいっぱいなのですが
その自由さにかつてほど共感できないのはなぜなのでしょうか。

あまりに多くのしがらみに絡まってしまった自分が
懐かしさの気分の後ろに見え隠れしているからでしょうか。

書かれている中身は40年ほども前のことですが
それを読んだのは30年ほど前です。

40年前の40年前は今の社会からは想像することすらできませんが
今から40年前は現在の社会と大きくかけ離れている訳ではありません。

つまり、40年前はあくまで現在の40年前であったことが想像できるのです。

しかし、30年の間に自分の心の中に起こった変化は何なのでしょうか。

野田友佑を通して不思議な体験をしています。